ダイエット種類★方法100
ダイエット種類★方法100
時間差ダイエット
時間差ダイエット-ダイエット種類★方法100!

 時間差ダイエットは、食べる量は減らさず、食べ方や食習慣、タイミングを変えるダイエット法です。

 まず、食事前に運動をして、糖質を脂肪としてためにくくします。

 糖質はまず筋肉内に蓄積され、その容量を超えた部分が脂肪となります。

 そこで、空腹のまま運動し、筋肉内の糖質がエネルギーとして消費し、空きスペースをつくります。

 その後に食事をすれば、空きスペースに糖質が蓄積されやすくなるため、脂肪がつきにくくなります。

 また、食事をできるだけゆっくり、よく噛んで食べることを習慣つけましょう。

 そうすることによって血糖値が緩やかに上昇するので、インシュリンの分泌が抑制され、体脂肪が増えにくくなります。

 さらに夕食に食べたものをエネルギーとして消費するために食事後にシャワーを浴びます。

 熱いシャワーを浴びることにより、昼間の交感神経に切り替わり、体がエネルギーを消費してくれます。

 逆に、リラックスしてしまうと、副交感神経が働き、食べたものが脂肪として蓄積されやすくなるので、注意しましょう。



 [ダイエットMENU]
食品ダイエット(野菜・果実)
食品ダイエット(その他)
飲み物ダイエット
サプリメントダイエット
ガマン系ダイエット
超簡単ダイエット
刺激系ダイエット
エクササイズダイエット
器具ダイエット
入浴系ダイエット
アイデア系ダイエット


ダイエット方法Home
お問い合わせ

Copyright(C) 2007〜
ダイエット種類★方法100
All Rights Reserved.